デミオの売り方

デミオのキズ・凹みは直した方がいいの?

デミオを長期間乗っていると大なり小なりキズや凹みができてしまうはずです。
このキズや凹みを直してから査定に出す人がいますが、それは賢い選択ではありません。
確かにキズや凹みを修理してから査定に出した方が金額は高くなります。
しかし、だからといってそれがトータルで見てプラスになるという訳ではありません。

例えば、大きなキズがついたデミオを買取業者で査定してもらうと30万円という金額になったとします。
その金額に不満を感じ、大きなキズを修理して再度査定にしてもらうと33万円になった場合、3万円上乗せすることに成功しました。
一見、査定額が上がって良かったように見えますが、みなさん何か忘れていませんか?
それは修理費用です。
修理費用が5万円かかってしまった場合、いくら3万円上乗せしてもらってもマイナスですよね?
それであれば、修理せずにそのまま売った方が良かったことになります。
3万円以内の修理費用であればプラスになりますが、大抵の場合は修理費用の方が上乗せ額を上回ると思ってください。

つまり、デミオにキズや凹みがあっても修理せずにそのまま査定に出した方が良いということです。
自分で直せるような小さなキズや凹みは別ですが、工賃がかかる場合はそのまま売るようにしてください。

 

Page top